心の病から逃げないで|向き合うことでわかる今後の傾向

看護師

精神疾患の増加について

カウンセリング

心の病の増加には、現代人の考え方と社会の構造のギャップとライフスタイルの自由化が大きく関係していると言われています。心の病の患者に対するサポートや医学の進歩は注目に値するもので、心の病を取り巻く環境は決して暗いものではありません。

» 詳細を読む

心を病むという事

悩み

心の病とは、従来の体の病と異なりまして、人の心を対象にした病気の事を言います。 こちらは体の病と違いまして、目で見て確認する事はできません。そのため、その歴史も体の病ほど長いものではなく、その対処法も遅れをとってきていました。 現代におきましては、この心の病は正式に認定されているために、その対処法もだいぶ生み出されてきましたが、それでも体の病に比べますと、まだまだ未知数で、十分に対処できていない面が多いのです。 それを扱う者としましては、精神科医があげられていますが、その他にも心理カウンセラーといった職種が存在しています。 実際のところ、この心の病というものは、今の時代は誰でもかかり得る病気であり、専門の医療機関の医師だけでは、それに対処する事は困難であるという社会的な事情もあって、そのような民間の専門家が生まれて来たという事情もあるのです。 そういう意味では、精神科というものは、従来の医療機関以外にも、そうした専門家がいるわけですし、その治療という点では、心強い面もあるのです。しかしその一方で、心の病はいまだ未知数な面も多く、十分な対策が存在しないという面もあるのです。 体の病は、手術の技術の向上から、薬品の開発といった進歩が、その対策として大きな効果を出していますが、この心の病に関しましては、そういった対策が生まれ辛いために、体の病への対策に対して、まだまだ十分に発展していないと言われているのが、その現状と言えるのです。

確かに心の病に関しましても、その専門の薬というものが、大量に開発されていますが、こちらは体の病のように、特定の病原菌に有効というものではありません。 あくまで肉体の生理学を根拠に、その精神を安定させるといった方式でしかありませんので、どうしてもその効果には限界がありますし、体への負担になってしまう面も大きいため、その処方は専門家が十分にチェックしなければ、危険なものも多いのです。 また薬に頼りすぎてしまいますと、その薬を服用しなければ、精神が落ち着かないという逆のマイナス効果も生み出してしまう面がありますので、そういう意味でもその服用には要注意なのです。 そうしたものが、どれだけの効果が出ているのかが、第三者からは目に見えて確認しづらいという点も要注意です。 薬による精神安定の効果は、あくまで薬を服用している本人の主観でしか判断できないという限界もありますので、実際はそれなりの効果があっても、本人がそれを自覚せずに、さらに薬を服用し、その結果として体を壊してしまう例も多く存在しています。 ですからもし心の病の対処として、薬を服用する場合には、自分だけの判断ではなく、必ず専門家の診察が必要なのです。 このように心の病というものは、体の病とはまるで別物で、その対処法の注意点も異なります。 今の時代は、薬くらいは誰でも気軽に、普通に購入できますが、それが場合によっては危険とも言えますので、もしそれを習慣化するのであれば、必ず専門家の診察を受けなければなりません。

メンタル面の治療

医者

様々な症状が見られる心の病は一般の内科での治療が難しく、心の問題に目を配れる心療内科や精神科が現在人気を集めています。このような診療科を受診すれば、問題の原因を押さえた治療が可能でしょう。

» 詳細を読む

知っておきたい心の事情

医者

心の病というものは、いまだに人々にとって、差別や偏見を生みやすいものです。 しかしそれは同時に、誰でもかかり得る病気である事が理解できれば、そういった差別や偏見をなくす事は可能です。いまは専門の医療機関も存在しています。

» 詳細を読む